山陰初ポーターズペイント施工業者KICK'S PAINT WORK代表による管理人日記です。


プロフィール

キックスペイントワーク

Author:キックスペイントワーク
岡本 雄充(takemichi okamoto)
1976年11月11日生まれ



最近の記事



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


欧米のペイント文化に学ぶ壁塗装の効果と重要性。
欧米では家具を選ぶのと同じような感覚でペイントを楽しみます。
日本ではあまり考えられない事ですが、賃貸住宅でもほぼペイントが許されています。
一方日本ではペイントに限らず壁を飾る事に対する関心が全般的に低いのが現状です。

もともと日本には、土壁や漆喰などの塗り壁の文化があります。これに加えてペイントをもっと積極的に取り入れて好きな色に囲まれながら過ごせたならば、暮らしがもっと楽しくなるはずです。

「壁=白」から一歩踏み込んで、色のある生活を楽しむ。

日本の住宅の壁は白色が主流です。白色は清潔感と軽快な印象を与え、どんな色とも合わせやすいという特徴をもっています。しかし、人それぞれ好きな色が違いますし、心地よさや、落ち着きを感じる色も違うはずです。自分らしい部屋にするという意味からも、豊富なカラーバリエーションが揃うペイントは壁装飾のベースに必要不可欠です。
一辺倒な壁を彩り豊かに生まれ変らせるべき工夫をしてみては、どうでしょうか。

walldeko.jpeg
今月発売された、壁装飾のスタイルブック「WALL DECO」
弊社が施工代理店を務める、PORTER’S PAINTSも多数掲載されております。書店に行った際にはぜひぜひ。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。