山陰初ポーターズペイント施工業者KICK'S PAINT WORK代表による管理人日記です。


プロフィール

キックスペイントワーク

Author:キックスペイントワーク
岡本 雄充(takemichi okamoto)
1976年11月11日生まれ



最近の記事



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


改装
いやはや、10月ですね・・。バタバタ続きだった8月、9月を終えてちょっぴり落ち着きを取り戻してまいりました。

気が付けば、朝、晩ちょい寒の秋模様ですね。個人的には1年の中で一番大好きな季節です。もうちょっとしたら京都とか素敵でしょうね。…旅行行きたい!

さてと、10月と言えば衣替え、衣替えと言えば、事務所改装と言う訳で、最近またまた事務所改装始めました。
1051.jpg

1053.jpg

1052.jpg

こんな感じでまだまだ色付けもしてない全体の3分の1ほどの下地の段階ですが、造形モルタルで作成しております。
これから、「古代エジプトの横向きの壁画でも書こうか。」なんて嘘かホントかわからず言ってますが、たぶんうちの事務所なんで完成まで、これから1ヵ月近く掛かるんでしょうね。。。でもコレあくまでお客様用のサンプルとして、当たり前ですが、真剣に制作しております。がっつりいきます、乞うご期待!


スポンサーサイト

miel
米子市米原にあるケーキ屋さんmiel(ミエル)が7月8日に新たにカフェスペースを増床します。
その外壁、モルタル造形工事です。
工事前はこんな感じ↓

6221.jpg
既存アルミサッシを木枠に変更して・・↓

315.jpg
モルタルで下地を作り・・↓

318.jpg
造形用モルタルにて、石、壁、植物鉢を置く棚となる石など造形モルタルと塗装で作成し・・↓

6222.jpg

6223.jpg
仕上げはオーナー様の希望の白っぽいペンキで塗装。

6224.jpg

6225.jpg

6226.jpg

とまぁ、こんな感じで工事は進んでおります。後は花壇の造形、などまだ工事は続きます。

既製品など一切使用しないすべてモルタル造形による手仕事のため手間暇かかりますが、休憩のたびにオーナー様、スタッフの皆様にケーキなどの差し入れを頂き、暑い日々が続いておりますが、乗り切って行っております。(感謝、感謝!)
     
 遠藤







埼玉へ
16日のお昼に米子空港を飛び立ち羽田からモノレール、電車と計5本乗継ぎ17:00くらいに埼玉に着きました。祝!初埼玉上陸!軽く1人旅です。
この日は造形モルタルの会社デザインアートライズさんに出向きアトリエ見学、夜は社長の自宅にてお食事をご馳走になりとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。(社長はなんと私と同い年の32歳!)
しかし、ここのアトリエとガーデニングは凄いです。国際ガーデニングショーにてグランプリに輝いた事もある凄い会社です。
アトリエ↓
5191.jpg

5192.jpg

5193.jpg
ガーデニング↓
DSCF1258.jpg

DSCF1391.jpg

DSCF1392.jpg
当たり前ですがすべて造形モルタルです。すばらしいです!!写真は撮り忘れましたが自宅リビングも凄かった!いいものを見せて頂きとても感謝です。有難う御座いました!
でもって、次の日、西部ドームに国際ガーデニングショーを観に西武ドームへ・・・かなりの人でごった返していましたが、得るものあり!良い勉強になりました。


完成
1182.jpg

1184.jpg

118.jpg

天候の都合もありようやく完成致しました。odd studioの遠藤くんに感謝。

構造上まずあり得ない石の積み方であります

他にもっていくことの出来ない電気、ガスメーターもエイジング。
090.jpg

1183.jpg







工事中、道ゆく人に何が出来るのか期待をもたせてしまい、たかが塗装屋、されど塗装屋の事務所なのに素敵すぎて申し訳御座いません。
私にとってこの事務所は魅せる道具でしかありません。

造形モルタル、エイジング施工のお問い合わせ、お見積りはお気軽にご連絡下さいませ。

魔法にかけられて・・
造形3

造形4
ショールームスペースの一画に制作した造形が完成致しました。

造形モルタル職人の遠藤君によるストーリー制作であります。石、レンガすべてモルタルによる疑似であります。
造形モルタル、エイジングの特徴は独自のストーリーによる経年変化、ありそうでない、本物より本物っぽい、既製品の規格商品では作る事ができないものを造りあげる表現方法であります。
造形とエイジングで表現出来ないものは無いとまで言われています。


数年前、、遠藤氏と2人でディズニーの造形とエイジングの魔法にとりつかれ、それまでの私の中の塗装と建築の固定観念を覆えされ、2人してこれを建築現場の仕事にしたいと思い、その後東京のU氏に2人でエイジング塗装の魅力を教そわり、U氏の「エイジングを本格的に覚えたいなら、造形モルタルを覚えた方がいい。」の一言に導かれそのまま上京した遠藤氏。

彼の行動力と努力のおかげで、あの頃、強烈に魅せられ、とりつかれ,インスパイアされて,
とてつもなく遠くに感じた、夢の国での出来事が少しずつ近づいてきたかもしれません。
zoukei 3

zoukei 4

事務所入り口も、後はエイジングで色付けだけとなってきましたが、天気が悪くて一向に進まず・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。